投稿者「ミツバチ妻」のアーカイブ

お姉さまを落とすにはチンコがんがん入れてやりゃーいいんだ


所詮、女なんてモンは、生理前になると必すチンポが欲しくなって、そんなときゃあガンガン突いたったらエエねん
落とし方?
んなもん、このチンコを見せたら黙って咥えてくるっちゅーねん!

お湯を電気で沸かせるこの時代に、まだそんなふうに、女性の心とカラダを誤解しまくっているお前も少なくないのでは?

SEXとは男女にとって最も大切で、かつ最も難しいコミュニケーション手段
そんなふうに、女性を男性本位の見方で誤解しているようでは、最高のSEXを味わうなんて、残念ですけと一生ムリでしょうね

こうキッパリと断言するのは、勃起力をUPさせる

さまざまなSEXクッスを開発、さらに多くの著書で、男女の正しい性のあり方をしてきた
今まで男の立場からしか語られることのなかったSEXに関するエトセトラ女性が語る、ココロとカラタの本音を知れti “エロの勝ち組”になれるのではないだろうか?

「イメージだけではない、女性の本当の姿を知ってもらえれば.皆さんもきっとよりよい性生活か送れるはずです」
モテない男性にかぎって、女性を自分のイメージだけで勝手に解釈し、よけいにドツポにハマる悪循環。… 。女性のココロ(恋愛)
とカラタ(セックス)の本当のこと、ボクらはこんなにも間違って見ていたのだった!

“社内では一応、優しくて明るい人で通ってるから、同僚のOLにも好かれてる方なんじゃないの?”“
この前、会社のコを口説いたんだけど、ああいうふうに口説けば向こうも悪い気はしないんじゃないかな?”
などなど、アナタの“アリ”は、当の女性から見て本当に“アリ”なのだろうか?
意外にモテない男などで数多くのアドバイスをモテないサラリーマンに伝授している、精鋭キャリアウーマン集団“
そんな我々男たちの思い込みを切る!

憂しい男モテるって? その本当の意味を教えてあげる

「仕事はデキる方だし、話だって面白いそれにオシャレにも気を遣ってるですって?
私たちが本当に求めてる男の人って実は全然違うタイプの人なんです
「一番の口説き文句? そんなことも知らないで恋愛してきたの?

さまざまな男を吟味してきた最強のキャリアウーマンのお姉サマ方は、一体どんな男性を求めているのか?
また、彼女たちに嫌われたらもはや社内では生きていけない?
給湯室のウラ番こと、お局様たちが考える“やはりモテる男・意外にモテない男”と耳が痛いほどに勉強になる、彼女らの本音トーク座談会に注目せよ! きっとそこには
“モテのヒント”が眠っているはずだから甘んじて受け入れよ!

意識した頑張りは禁物!記憶に残るデートの心得

さあ、デートの段階になって男が気を付けるべき点とは?

やはり完璧な段取りを組み、彼女を飽きさせないというところだろうか?

確かにそれも重要ですが、映画を見に行ったとしても

「今日の映画は最高に楽しかったわ」

と女に言われてしまったらダメなんです。

なぜなら映画ではなく、あなた自身の印象を強く女に与えなければいけないのですから。

【印象に残る男になれ】これが重要ポイントです。

といっても、おしっこをジョロジョロって漏らしたらダメですよ(笑)
そっちの方で印象に残ってもどうしようもありません。

肝心なのは触覚です。

男はミニスカートや谷間など、女のビジュアルに目が行きがちです。
視覚で感じる生き物なんですね。

一方で、女性は触覚で感じる生き物。

つまり【触られて感じる】ってことです。

いきなりボディタッチは、初心者にとってハードルが高く感じるのではないでしょうか?

しかし、触るチャンスは街中にいっぱいあるんです。
それもごく自然にね。

たとえば、人ごみを歩くときに、手を引っ張ってリードするとか、道路を歩いているときに、信号が赤に変わりそうだったら、肩を抱いて止めてあげるとか。

たったこれだけのことですが、こちらの予想以上に女は感じるものなんです。

そしてさらに、タダで女を濡らすことのできる魔法のスパイスがあります。

ベタなようですが、夢を語ること。

「将来は独立したい」とか「今の仕事でトップを取ってやる」とか、

夢を語るのにお金はかかりませんから安いものです(笑)

夢の一つも語れない男に

「この人の子孫を残したい」

なんて思う女はいません。

夢がなければ、「今はないけど、将来の目標を探しているんだ」

これでも十分OKなんです。

まあ、30過ぎの男が、自分の夢を探しているなんて冷静に考えるとダメなんですが(笑)

口説きの現場では意外と有効です。

街中に無数に転がっている”タッチチャンス”を確実にモノにして、夢を語る。

そうすることで【記憶に残る男】になれます。

そして、その記憶に残った男だけが、セックスという記録を残すことができるんです。